ホーム>健康・福祉>健康>予防接種>子どもの予防接種>ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん)

ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん)

更新日:2017年8月1日

※現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。

 

予防接種を中止するものではありませんので、希望される方は接種できますが、接種に当たっては、有効性とリスクをよく理解したうえで受けてください。

子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さんへ(PDFファイル; 2809KB)

対象者

小学6年生~高校1年生相当の女子

標準的な接種期間

中学1年生

接種回数および接種間隔等

2価のヒトパピローマウイルス感染症予防接種(商品名:サーバリックス)

3回

4価のヒトパピローマウイルス感染症予防接種(商品名:ガーダシル)

3回 

接種回数・間隔

2価のワクチン(商品名:サーバリックス)

  • 1回目と2回目は、1ヶ月以上の間隔をおく。
  • 3回目は、1回目の接種から6ヶ月(又は1回目の接種から5月から12ヶ月の間隔)の間隔をおく。

4価ワクチン(商品名:ガーダシル)

  • 1回目と2回目は、2ヶ月の間隔(少なくとも1月以上あける)をおく。
  • 3回目は、1回目の接種から6ヶ月(又は2回目の接種から、少なくとも3ヶ月以上あける)の間隔をおく。 

実施期間

個別接種:毎月

場所

佐賀県内の予防接種広域化実施医療機関に直接予約のうえ接種。
 

持参するもの

  1. 母子健康手帳
  2. 予診票
  3. 委任状(保護者が同伴しない場合)

自己負担額 

無料。ただし、対象年齢を過ぎて接種する場合は、任意接種(自費での接種)になります。

留意事項

  • 子宮頸がん予防ワクチンは2種類あります(医療機関に寄り取り扱うワクチンは異なる)。十分な効果を得るために、希望される同じワクチンを必ず3回接種してください。(6ヶ月の間に計3回の接種)
  • ワクチン接種後に血管迷走神経反射として失神が現れることがありますので、転倒などを避けるため、接種後30分は座るなどして様子を見るようにしましょう。
  • ワクチンは完全に子宮頸がんを予防できるものではありませんので、20歳を過ぎたら定期的にがん検診を受けましょう!!

予防接種を受けるときの注意点

  1. 必ず注意事項(冊子のある方:「予防接種と子どもの健康」)を読んでください 。
  2. 予防接種は原則保護者(親権を扱う者。後見人)同伴となっています。(婚姻されている方は同伴の必要なし)
    a)一人で接種を受ける場合(13歳以上の日本脳炎・子宮頸がん予防接種)
    保護者が、同意書と予診票内の保護者署名欄まで確実に記入し、接種を受ける方に持たせてください。
    b)保護者でない方が同伴する場合
    保護者でない親族等(祖父母等)が同伴する場合は「委任状(別添様式)」が必要です。保護者が記載し、同伴する方が医療機関に持参してください。

関連リンク

厚生労働省ホームページ(外部リンク) 

関連ファイル

子宮頸がん予防ワクチンを受けるみなさんへ (PDFファイル; 2809KB)

積極的にはお勧めしていません(PDFファイル; 1379KB)

接種後に症状が生じた方に対する相談窓口(PDFファイル; 232KB) 

GetAdobeReader PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビ システムズ社から無償提供されているAdobe ReaderTM(別ウインドウが開きます)プラグインが必要です。
お問い合わせ先

健康増進課 健康づくり係

〒849-1698 佐賀県藤津郡太良町大字多良1番地6(太良町役場 1階)

電話番号:0954-67-0753

FAX:0954-67-2103

お問い合わせフォーム

皆様にとって、より使いやすいホームページにするため、是非ご意見をお聞かせください。
質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

質問:このページの情報はわかりやすかったですか?

太良町役場  組織一覧・直通電話帳

〒849-1698 佐賀県藤津郡太良町大字多良1番地6

電話:0954-67-0311 FAX:0954-67-2425

法人番号2000020414417 

役場開庁時間

平日:8時30分~17時15分

火曜:8時30分~19時(本庁窓口のみ)

※土・日曜日、祝祭日、年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです